月夜の乙女

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/110

月夜の乙女

   演目を終えながら  感じた一筋の光は  同じ運命・道を  生きている人のこと   まだ一度もこっちを   向いてくれないヒロイン   背を向けたまま、ただ   一途なダンス    夢に惹かれ 恋に憧れて  それはそれは 決してあきらめない   孤独な乙女    わたしにはそんな  強さが身に付いていない  昨日より今日…あしたに  導かれたい   五線の空路   メロディーの翼、生えてこい   視界へは あけすけに   散らばるダイア        月肌にタッチするように  祈るように歌い上げる  彼女の伸びやかな  幼気(いたいけ)なフレーズ   240と数秒という儚さ   幾つもの心を好いて   めざして   降りつもってゆく    夢に惹かれ 恋に憧れて  それはそれは 決してあきらめない   孤独な乙女    わたしにはそんな  麗しさが足りていない  昨日より今日…あしたを  照らしていたい   無心な彼女   ピリオドさえも踏み飛ばすぞ   だけど決して   後ろを 振り返らない      それはそれは 決してあきらめない   月夜の乙女 (2013.03.15)
/110

最初のコメントを投稿しよう!