5話

15/15
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/54ページ
クリス 「全部乗せでえええ!!!!!」 ガトリング、小型ミサイルを全て放った。 再生の剣 「・・・」 響 「ハァアアアア!!!」 翼 「そこだ!!!」 再生の剣に対し、三方向からの攻撃。 再生の剣 「目障りだ」 ポォウ! 光の壁で全ての攻撃を防ぐ。 響 「なっ!」 翼 「くっ!」 クリス 「くそったれ!」 レイ 「まだ、だ!」 ドゴォン! レイ 「そこだっ!」 真っ直ぐ三発ほど撃つ。 ガキィン! 再生の剣 「無駄な―」 レイ 「どうかな?」 再生の剣の上に向かってジャンプ。 レイ 「最大で撃ったらどうなるかな?」 再生の剣 「貴様ッ!?」 レイ 「吹き飛べ―!!!」 カッ! ドゴォン!!! 響 「レイさん!?」 レイ 「今だ!」 宙を舞うレイは力を振り絞って叫ぶ。 再生の剣 「ぐぅ、人間風情が!!!」 翼 「でぇい!!」 ザンッ! 再生の剣 「そんな一撃・・・!」 響 「うぉおおおおおおおおお!!!」 ドゴンッ! 重い一撃が再生の剣を襲った。 再生の剣 「ガハッ!?」 クリス 「喰らえええ!!!!!」 ダンッ! 再生の剣の使う体は再生が追い付かないほどボロボロになった。 再生の剣 「くっ!まだだー!」 ヒュンッ! レイに向けて自信を投げた。 直ぐに前の体は消滅。 響 「レイさんに!?」 クリス 「させるか!!」 バンッ! キィンッ! 再生の剣はあと少しの所で弾かれた。 レイは守られたのだった。 翼 「・・・」 風鳴指令 『皆、聞こえるか?』 響 「はい」 クリス 「おう」 翼 「聞こえています」 風鳴指令 『再生の剣は破壊することにする・・・』 翼 「了解しました、雪音、立花」 響 「はいっ!」 クリス 「おうっ!」 翼 「最大出力で再生の剣を破壊する!!」 私達三人で再生の剣は壊せた。 レイさんは救護班に運ばれた。 そうそう、レイさんが運ばれる前に。 レイ 「ありがとう」 と、言ってくれた。 私達の戦いはこれで終ったんだ・・・。
/54ページ

最初のコメントを投稿しよう!