Foolish Artifact

【特集】秋の夜長にサスペンス小説、選出作品。

栗A太

1時間37分 (57,991文字)

284 273

あらすじ

“視界が――世界が、白く弾けた”   奈落窪市(ならくぼし)を突如襲った謎の光。   一瞬の間に起きたそれは、それまでの日常を緩やかに浸し、食い散らかし、浸食していく。   “白”き光と“死路”の闇―

感想・レビュー 2

キャラクターの設定が、ちゃんと機能していて 生き生きしています。 世界観とキャラクターの思想も魅力的です。
とても楽しく読みました!テンポ良く物語が進むところや主人公の自己評価の低さ、卑屈さは、結構多くの人の潜在意識にシンクロして、癒やしとなるのでは、と思います☆これからも頑張って下さい。