5/13
5235人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
いけない、いけないっ。 また、葵ちゃんに注意されそうな緩んだ顔になってしまい、慌ててシャキンと背を伸ばす。 なんだか、こんなに浮かれている自分が滑稽だ。 生まれて初めての“モテ”というものに、舞い上がっているのかもしれない。私……。 「道野、今帰り?」 夕方。 帰り仕度を終え、1階へ降りるためにエレベーターを待っていると、偶然通りかかった笹原君に声をかけられる。 「うん。 笹原君は?」 「俺、もうちょっと」 「そっか、大変だね。頑張ってね」 「……。なんか、いいことあった?」 「え?」 口元に手をあて、じっと私を見る笹原君。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!