9-2

38/40
4574人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「土曜日の夜7時に、またここで」 有無を言わせない業務連絡のように、吉川さんは次に会う日時を設定する。 嬉しい。 嬉しいは嬉しいけど……。 “城田歩美”の四文字が私の頭の中に居座ったまま、じっとこちらを凝視しているみたいだ。 吉川さんのこちらへ伸ばされた左手に戸惑いながらも、私は先程の着信のことばかり考えている。 私の頬に手を掠め、ゆっくり体を前に倒してくる吉川さん。 縮まる距離に、条件反射のようにまた熱くなる私の顔、そして速まる心拍数。 あ……、また、キス、される……。 って思ったけれど。 「……イヤ? ……ですか?」 私は咄嗟に俯いてしまっていた。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!