10

35/40
4306人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「だからね、こんなところで部外者に出てこられると困るの。 私、彼と結婚するつもりで会社まで辞めたんだもの」 はっ!? 「えっ――。 なんで、そんな未定のことのために……」 最初に交際を断られたにも関わらず……。 そう続けて言おうとする口を、辛うじて閉じる私。 「分かってないわね、道野さん。 私、それほど本気だし、女性不信の吉川さんに信じてもらうためなら何だってするわ」 「……」 もう何も言い返せなかった。 思い込みのせいだろうか、社長が叔父だという後ろ盾のせいだろうか、もしくは彼女の前での吉川さんがそうさせているのだろうか、 彼女の表情は自信に満ちている。 まぁ、吉川さんがお見合いを了承した時点で、その判断は正しかったということを証明しているのかもしれないけれど。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!