15

29/30

3613人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ
「……」 「道野さん。 多分もう下にタクシー来ていますから」 無言で立ちすくんだままの私を促すようにそう言い、1万円を差し出す吉川さん。 これで終わり? こんなにあっけなく、終わり? もう、仕事以外では関わらないって……。 からかいもしないし、車にも乗せないし、食事にも行かないし、部屋にも入れないし、簿記も教えないし、手もつながないし、もちろんキスもしないし、プライベートな笑顔もなしって……こと? すごい速さで、できなくなることリストが構成されていく。 頭の中がぐるぐるして、吉川さんが無言の私のポケットにお札をスッと入れたのも、目には入るが、許容量オーバーの頭には入らない。 確かに私、『好きじゃない』って言った。 だから、吉川さんは私を解放してくれた……って、こと?
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!

3613人が本棚に入れています
本棚に追加