25

22/33
3723人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
「うわっ!帰ってきたんなら、ただいま、くらい言いなさいよ」 いつの間にか、バイトから帰ってきていた春人が、リビングの扉のところで呆れた顔をして立っていた。 「まーた、こんなドラマ見てるの?うざー」 頭をボリボリかきながら、キッチンへ行き、冷蔵庫を開けてビールを取り出す春人。 冷蔵庫を閉める勢いが強くて、何やらイラついているのが分かった。 「珍しいね、アンタが家でお酒飲むって。 何?彼女とケンカでもしたわけ?」 「うるさい、アホ姉貴」 そう言って、春人は缶を無表情で開け、ダイニングテーブルの椅子に腰かけた。 ……図星だ、こいつ。 「どうせアンタが何かしたんでしょ?」
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!