刹那との邂逅―セツナトノカイコウ―【完】

―『一瞬』なんて、何の意味もないと思っていた。―

桜倉ちひろ

恋愛 完結
48分 (28,791文字)

479 2,639

あらすじ

 『アナタの今日を買わせてください』  札束の入った封筒を握りしめて現れた少女に、蓮(れん)は戸惑った。  彼女の求めているモノが、何かが全く分からない。  ただ、俺の傍に居るだけで欲し

シリーズタグ

感想・レビュー 8

清々しい気持ちになるストーリーでした。

インパクトのあるタイトルに惹かれて読み始めました。刹那の想いは若ければ若いほど、弾かれるように強く心に残ってしまうのでは無いかと…思いながら小春の気持ちを想像しながら二回目を読みました。小春の相手のパ
1件1件
高い描写力で丁寧に描かれたプラトニックな大人の恋。 疲れ切った大人の日常に滑り込んでくるスノウという少女の描写は儚くて、消えてしまいそうだからこそ主人公と読者の心にその『刹那』が残る。前篇だけでも十分
ネタバレあり
1件2件
タイトルから惹かれるものがありました。言葉の運び方がすごく綺麗で、世界観に期待されます。前半は切なく、そして後半、そうきたか~って感じ。どどど~って駆け込まれた感じがあります。(私的に、ですけど(笑)
ネタバレあり
1件1件
もっと見る