10

6/22
3611人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「あー。 センセの体温、きもちー。 落ち着く」 私は逆に落ち着かない。 密着してくる堅い体と、いつも以上に強い腕の力、押しつけられている胸の厚みをスーツ越しに感じながら、なんだか泣きそうになる。 彼の匂いも、声も、何もかも、今私が求めているものにぴったりはまり過ぎていて、恋人ではないのに、こうしている間は心の底からの充足感が私を満たす。 私の肩に上からうずまった頭に、そっと手で触れてみる。 整髪剤の微かな匂いが鼻を掠め、髪の毛が私の頬にサワサワ当たる。 「ふ。 なんか今日素直だね。 いつもみたいにバタバタしない」 頭を上げた時峰。 私の耳に口をあてながら囁く声にゾクゾクする。 「ご要望なら抵抗するわよ」 この気持ちを悟られないように、いつもどおりの口調を努めた。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!