25

25/27
3120人が本棚に入れています
本棚に追加
/37ページ
マンションに着いた。 泣き過ぎて体力を使い、少しふらつきながら8階の通路を部屋まで歩く。 「――っ」 びっくりした。 今日は心臓に悪い日だ。 802号室の前に人影があり、私は先程の時峰の残像かと思った。 「こんばんは。 遅くまで御苦労さんです」 「……あ」 お隣さんだ。 こんな夜更けに外に出てるんだ。 「こんばんは……」 こんな時間に他人と会うなんて、いくら同じマンションの人とはいえ少し警戒してしまう。 私は小さく会釈をしながら、その人の横を通り自分の部屋に入ろうとした。 「泉さん、お疲れですか? 目が赤いですよ」 「はは……、ちょっと……」 ガチャ。 バタン。
/37ページ

最初のコメントを投稿しよう!