-1-

8/10
1304人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
 感動のあまり震えそうになる指先で、通話ボタンを押す。 「…はい…」 『ちゃんと勉強、してんの?』  いきなり、春山先生の、素っ気ない声。  わたしは込み上げて来る喜びに、思わず顔を緩ませた。 「…今、しようと思ってたんです」 『どうせ、メール待ってる間、ウダウダして何もやってないんだろ』 「……」  なんで、分かっちゃうんだろう。 「先生、…もうサンマ、食べたんですか?」 『まだ』 「遅いんですね、夕ご飯」 『今日、忙しかったからね』 「…大変ですね」 『大変だよ。…一応、受験生たちを受け持ってるからね』  …そういう言葉を聞くと、…このひとはホントに先生なんだなあ、と思う。 「先生って、…やっぱり、先生なんですよね…」  先生の、小さな笑い声。 『めちゃめちゃ、先生だよ。…だからこうして、ちゃんと勉強してるかどうか、確認の電話、入れてるんだろ』 「…みんなに、するんですか」 『バカ。するわけないだろ。お前だけだよ』  わたしの胸が、きゅ、と疼いた。  …今の言葉だけで、ごはん食べなくてもしばらく生きられそう…。  さっきまでのウダウダはすっかり何処かに飛んで、わたしの心は今にもふわふわと浮き上がりそうだった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!