帰る場所

30/33
1492人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
もうこれ以上破けない位になるとコウは立ち上がり、ゴミ箱に向かって歩き出した。 そしてポイッと破いた離婚届を投げ入れると私の名前を呼んだ。 「なあ、ミウ」 「ん?」 私は呼ばれるがままコウの顔を見ると「あ…」と声を出してしまった。 コウがカッコいいのは十分にわかっているけど。 こうして夕日をバックにしたコウはそれ以上にカッコよく見えて。 見慣れているはずなのに見入ってしまう。 するとコウは優しく微笑みながら言った。 「結婚しよう」 私はコウの言葉に驚いた。 だって私達…。 「えっ?私達、結婚しているじゃん」 「そうじゃなくて、ちゃんと結婚式を挙げよう」 …結婚式を挙げよう。 そう言うコウの表情は優しくて温かくて。 コウの気持ちが心に染みて涙が溢れてくる。 私は「…コウ」と呟くと顔を手で覆った。 するとコウの心配そうな声が聞こえてきた。 「ダメか?」 ダメか? 違うよ。嬉しいんだよ。コウの気持ちが凄く嬉しいの。 こんなにも私を想ってくれるコウの気持ちが。 …ダメなはずないじゃない。 私は顔を上げて涙を拭き取ると、とびきりの笑顔で言った。 「私、ウェディングドレスが着たい」
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!