裏御庭~URAONIWA~ 第一話

封印を解かれた『闇鬼(くろ)』 『闇鬼(くろ)』とは一体・・・  

ゆたか じん

23分 (13,391文字)

23 423

あらすじ

 江戸中期、第八代将軍徳川吉宗によって創設された御庭番。『闇鬼(くろ)』と呼ばれ、時の支配者達から恐れられていた闇の力が封印を解かれ動き出したとき、天隠(そういん)流覇気道(はきどう)術継承者、小見吉

シリーズタグ

感想・レビュー 2

淡白で癖のない文章、流れるような展開、刀を交えるシーンはなくとも時代劇のような雰囲気もあり、時代を感じながらすいすい読み進める事が出来ました。 主人公が敵を封じた後、政治的に解決した事もしっかり描写
2件
第一話ようやく読めました。面白い!です。ふむー、茂七親分=源治親分かな?源治親分&ハチくんコンビの今後に期待!
1件

この作者の作品

もっと見る