決着

25/40
6793人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
ただ、それを全部ぶちまけるには ――まだ、俺は未熟で だから 「泣くな、うざい」 「そっちが泣かした」 「――悪かったよ」 もう少しだけ。 待ってくれ。 もう少しだけ、甘えさせて。 男のくせに、不甲斐ないけど それだけお前が特別で。 もう、失いたくない、って わかってくれよ。 ぐずっていた美紗緒が、そんな俺の戸惑いに気がついたのか 「後でちゃんともう一回言ってください」 「なにを」 「好きって」 「言ったか、そんなこと」 「言った」 「言ったか」 調子にのらせてやるのは、今だけだ。 何だかんだ言って。 男は、女の涙に弱い。 ことさら、好きな女の、泣き顔は。 ――とは、言っても。だ。 「なぁ」 「はい」 「飯は?」 人間、そんな急には。――変われないもんなのだよ、美紗緒ちゃん
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!