鏡像

23/23
3394人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ
「前島香織ってプランナーの 最後の作品が愛する男の 分身の再スタート地点なんて なんかドラマチックじゃない? うん、いいね。 これでまた1曲作れそう」 そう言って笑いながら 車から降りて行く朝日奈さんに 私は苦笑いしながら 車から降りた。 …が、 すっかり足が震えていて ヘナヘナとその場に 座り込んでしまった私に 朝日奈さんは楽しそうに 笑いながら聞いて来る。 「大丈夫?」 「全然大丈夫じゃないです」 差し出された手に しがみついてやっと立ち上がる。 遥斗とは少し違うけど… 朝日奈さんの手の温もりが 私の揺れていた心を 包み込んでくれたような… そんな気がした。
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!