11

15/15
533人が本棚に入れています
本棚に追加
/247ページ
「し…き」 扉の前で口からこぼれる言葉 それは志樹に届くことはない、そう分かってても呼ぶことを止められなかった 「止めて!」 突然、響く大きな声 声を上げた人物は私の側まで来て腕をつかみ立たせた 「…八重樫さん」 「話があるの、来て」
/247ページ

最初のコメントを投稿しよう!