特集
神霊現掌

壱の巻「夜風に舞う雷鳥」

何を捨て、何を得るのか。そして、その先にあるものとは一体。

えのき

2時間51分 (102,083文字)
気楽に書いてます。

83 268

あらすじ

泰平の現代の影で、人知れず暗躍する者たちがいた。 ーー“陰陽師”。彼らは太古より世間の表舞台に立つことはなく、裏から世を掌握せんとしていた。 されど、それは最早過去の話。世に蔓延る悪鬼どもが減少し

シリーズタグ

感想・レビュー 3

真面目な作品応援イベントから来ました。 文章力: ☆☆☆☆☆ 構成力: ☆☆☆☆ 登場人物:☆☆☆☆☆ センス: ☆☆☆☆☆ 一言 or 改善点 語彙や言葉選びに問題はない。 欠点といえば、良くも悪く
1件2件
遅ればせながら、読了しましたので感想を残していこうと思います。 p1蛆の表現 凝りすぎな気もした。鬱くしい感じは伝わる p5だだっ広い p17 爆発とは? p32 惨劇→斬撃? 「ぐっ」などは余計
1件4件
 イベントより参りました。感想じみてしまいますがご容赦ください。  表現については文量、語彙力とも課題があるとは思えませんでした。戦闘描写に力を入れてらっしゃるのか、式神や武器を扱っての白熱したバト
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品