1ヶ月前のお話

5/6
5249人が本棚に入れています
本棚に追加
/353ページ
「だからこれ使って!!」 と言って茶髪のかつらと茶のカラコンと黒ぶち眼鏡を渡してきた。 しょうがない、これつけるか。 「じゃあ、使わせてもらいま すね。」 「うふっ!いいわよん!そういえば、黒木君もその学園で長期の潜入してるわよね?」 「え、そうでしたっけ。」 黒木と言われている奴も特殊警察の一員だ。 かれこれ半年ほど帰ってきてない。 あ、俺正式に特殊警察入ったのは4月だけど結構来たり働いたりしてたからけっこう会ってたんだ。 「そうよお。……黒木君恋しいわあ。…………抱かれたい………………。」
/353ページ

最初のコメントを投稿しよう!