異界

4/11
4343人が本棚に入れています
本棚に追加
/554ページ
「で、ここはどこなんですか?もとの場所に戻れるんでしょうね」 『我々は瑠璃姫によって痛みを与えられている。答えるためにも解除願いたい』 「それはなんなんだい?」 瑠璃姫が掴み、握り潰そうとしているそれを指差す聖 「これは混沌といいます。世界の概念とでも思ってください」 と言いながら瑠璃姫は混沌を離した。 「で、ここはどこなんですか?」 『ここはあの世界だ。我々とお前が出会い、壊れたあの世界』 「世界が壊れると色彩も壊れるのですか?」 『否、これは壊れた世界が干渉された結果だ。あらゆる世界から様々な情報が流れ、歪んでいるのだ。理も変化しているため、魔法もあまり使えまい。・・・そして帰るために向かう場所を示したい。ビルの屋上へ向かってくれ』 「それマジかよ」 そう聞いてあからさまに嫌な顔をする聖 「何故嫌がるのです?」 「ビルの中は魔物の巣窟になっているんだ。見たことのない連中ばかり、俺も何とか身を潜めていたが「構いません。行きましょう」待て待て!連中数も多いし、結構強かったぞ」 ビルの中に入ろうとする瑠璃姫をあわてて止める聖 だが顔を向けてきた瑠璃姫を見てぞくりと背筋が凍り付いた 「いいじゃないですか。楽しい狩りの時間ですよ」 瑠璃姫は黒く黒く笑っていた。
/554ページ

最初のコメントを投稿しよう!