第1話 竹内真帆編①

24/38
1900人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
 ふと、カピカピになっている髪の毛先を見てみた。  つるつるだ。艶々している。髪が、きれいになっている。  ……えええ?  私は立ち上がり、慌てて洗面台へと走った。鏡へ自分の姿を映すと、思わず息を飲んだ。 「……な……」  奥二重だったはずの目が、ぱっちり二重の切れ長の瞳に変化している。鼻筋はすっと通り、肌も透明感あふれる真っ白な肌に変わっている。何もつけていないのに赤く熟れた唇。心なしか、顔の大きささえ小さくなっているような。  さらに、胸も少し大きくなっている気がする。足もO脚じゃなくなって、細く長く伸びている。  自分が心の中に描いていた、理想の美人像、それが今鏡に映っている。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!