5/33
782人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
日本へ到着するなり会場へと向かった 慎一と一緒に会場に入ると、面識のある人物から初対面の人物まで、挨拶にまわる こちらから挨拶する事なく、相手側から挨拶にくることが殆どで、グローバルな会社のレセプションということもあり、人脈は幅広く 確かにわざわざ日本へ来たかいがあったな…… などと考えていると、 「あ、俺ちょっと私用で行って来るから、お前適当にしてて」 と云うと 慎一は一瞬で人混みに紛れていった 「おいっ!!………って…… もういねぇ!!」 ━━……なんだ?あいつ… 呆れ顔でふと回りを見渡すと、頭をポリポリかいて、 ━━……ちょっと外で隠れてるか……… そのまま人混みを脱け出そうと出口へ向かった その時 「憂ちゃん、久しぶり~! また逢ったね~」 そんな声が聞こえて来た ━━━━………憂………ちゃん? .
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!