12/18
752人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「そっ……それはですねっ」 「あら、目の前にこんな上等な男がいるのに こんな三流の男につけ入れられるような隙間があるなんて。 貴女の目は、とんだ節穴ね」 「えっ!?」 神楽役員はまるで鮎川さんを知っているかのように 見下した 「さ、三流って…… って、社長!? どうして社長!?私が!?」 神楽役員の言葉の真意が全くわからない
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!