【旋 律】前編 第七章

21/26
1390人が本棚に入れています
本棚に追加
/26
  「あ…もう、こんな時間」 「本当に上手になって来たわよ。 学校のピアノでも練習してみてね」 笑顔でそう言った円香に、楓は、「はい」と嬉しそうに頷きながら、鞄の中に辞書等をしまい始めた。 そして「それでは」と会釈した楓に、円香はスッと小さな紙袋を差し出した。 「えっ?」 とキョトンとする楓に、円香はイタズラに微笑んだ。 「少し遅れたけど、誕生日プレゼントよ」 そう言って小さな紙袋を楓に持たせた。  
/26

最初のコメントを投稿しよう!