★黄☆

20/22
215人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
「関西弁が出るなんて、相当飲んだみたいね。メイク落として帰宅したら、家族が怪しむからダメ」 確かに… 不自然だよな。 「ごめん。俺…酔ったみたい」 美希の唇を奪いながら、葉月の残像を打ち消す。 ――実は俺、今日美希には内緒で鈴蘭女学院大学に電話したんだ。 美希を疑っているわけじゃない。けど、葉月の眼差しがあまりにも美希に似ていたから。 ◇ 『そちらの大学に葉月美希さんは在籍してらっしゃいますか?』 『葉月さんですか?個人情報はお答え出来ません。失礼ですがあなたは?』 『そうですよね。申し遅れましたが、鈴蘭女学院大学附属高校の滝沢と申します。卒業生名簿の作成でミスがありまして、一応確認のために…』
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!