第2話 転生ですよ

3/29
894人が本棚に入れています
本棚に追加
/580ページ
** ???サイド ** 僕がこの森に来て、いったい何日が経ったんだろう? 今のところは木の実や泉の水でどうにか生きているけど たまに遭遇するモンスターから必死に逃げなきゃいけない時もあって 疲れたよ… ドカッと木の根元に座りこんで項垂れた。 伸びきった前髪が揺れる あぁ、思い出すや 「お父さん…お母さん…どうして僕を牢屋なんかに入れたの?」 暗くて冷たい部屋。 ジャラリと引きずる鉄の感触。 「みんな、なんで僕に魔法をぶつけてくるの?」 痛いよ…やめてよ…みんな、そんな目で見ないで! お父さん、お母さん、妹、友達 名前を呼ぶ度に打たれた。 でも、痛いの全部 我慢してれば、また優しいみんなに戻ってくれるって思ったから。 だけど… 「僕は要らない子なの?」 捨てられちゃった…。 耳を澄ましても 聞こえるのは、木々のざわめきと獣の鳴き声だけ。 「私たちを親と呼ぶな、穢らわしい魔盲の子供め!!」 お父さん 魔盲だと生きてちゃいけないの? ?「僕は要らない子?」 でも、生きたいっ・・・・誰か ?「たす…け…てっ!!」 《 ブンッ ドゴン 》 ** サイドEND **
/580ページ

最初のコメントを投稿しよう!