図書室

18/18
952人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
「…っしゃ!」 階段を降りる途中で握った拳を後ろに引いてガッツポーズをする。 その場で踊り出したい気持ちを堪えて、玄関でぶらついている秀吉達の処へ急ぐ。 しっかり神無月を捕まえておかなければ。 出来れば傷つけない様に。 優しく。 と同時に確信する。 どんなに傷をつけても、もう離すことなど出来ないだろう。 少しでも可能性があるなら、もしかして完全に嫌われても…… そう考えると自分が嫌になる。 俺は頭を降った。 可能性がある方に賭けるんだ。 まず、神無月を喜ばせよう。 携帯をもう一台手に入れるには、母さんか姉さんどっちが説得し易いだろう。 俺は秀吉達と合流しながら頭を巡らせた。 土御門春樹の懊悩ー完ー
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!