花の雫

26/31
1518人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
どうせ慣れてませんよーだ! ベーっと舌を出してあたしはバスルームへ。 なんとなく、リビングを気にしながら服を脱いで――。 「えっ?・・・・・・あぁ!!」 思わず声を出してしまった。 「奈々美?どうかした?」 「――ないっ!なんでもないから!!」 いや、あるんだけど! でもいい!! ドア一枚隔てた向こう側にいるであろう拓海にそう言って、 「そう?ならいけど」 ソファに戻っていく足音にほっと息をついた。 それから、もう一度鏡に向いてそっとブラウスを広げて、 「・・・・・・もう」 赤い顔でそう呟く。 髪を下ろしてるから気付かなかった。 急いで服を着たから気付かなかった。 肌に散らされた赤い印に――。 恥ずかしい。 けど、なんだか顔は緩んでしまう。 そして、昨日の事を思い出してしまって、 「もうっ!」 そう口にしてバスルームに飛び込んだ。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!