第55話 失墜

1/12
881人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

第55話 失墜

 六月が穏やかに過ぎて、カレンダーは七月へと変わった。 「主任、聞きました?」  朝一で臼井さんに声を掛けられ、わたしと八木くんは不思議そうに彼女を見つめる。 「さっき同期の女の子に聞いたんですけど、安藤部長、辞めたんですってね」 「……えぇ!?」  素っ頓狂な声を上げてしまい、慌てて口を押えた。  だって、だって、あの安藤が?  あんなにふてぶてしくて図々しくて根性悪の安藤が!?  信じられない。ありえないでしょう?
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!