距離-1

1/40
2909人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

距離-1

渉さんが初めて『ありがとう』をくれた日から、コーヒーを出す度に渉さんはそれを必ず言ってくれるようになった。 だから私もコーヒーを入れるのが楽しみになってしまった。 社長室のドアの前で確認するミルク入りのコーヒーはその香りだけで私を笑顔にしてくれるようになっていた。 明日はいよいよ一回目のグループ会社の工場視察の日だった。 本来、このような視察の時には4、5日前には視察先に知らせてあるのだけれど、今回は渉さん流の完全なる抜き打ちだった。 抜き打ちですることには十分意味があるとは思うけど、私はもともとその工場にいたのだから少し複雑だった。 本社からの社長や役員の点検があると知らされると、工場では点検時に不備がないように何日か前から自分たちでチェックを始める。 書類に不足があれば作成したり、表示のないものに表示を付けたり、前日の掃除はいつもの倍以上に時間をかけて念入りにしたりするものだ。 ある日突然、本社からの視察。しかも社長が来たとなれば、工場ではどんな対応をするだろうか。 私はこっそり工場長にでも知らせたい気分だった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!