使者-3

29/31
2685人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
佐和子さんは半信半疑の面(オモ)もちで確認の意味を込めてか、会長に視線を送った。 会長は佐和子さんに深く微笑んで、そして私にもその笑顔を向けた。 「…桐谷君に迷惑をかけるつもりはないが…、彼女の言う通り、今年こそは夏休みを取ってほしい。私と渉ならなんとでもなるし…いざとなったら桐谷君がいてくれるからね。」 会長はいたずらっぽく私にウィンクして見せた。 「…旦那様。」 「今まで気遣ってやれなくて、すまなかった。」 「…そ、そんなこと…。」 「じゃ、決まりだな。」 少ししぼんだ雰囲気を渉さんの明るい声があたたかく膨らませる。 だから私も明るく付け足した。 「はい。決まりです!佐和子さん、夏休みの計画、ちゃんと立ててくださいね。」 「…ふふ。夏休みの計画なんて…もう、何年ぶりかしらね。」 佐和子さんは子供みたいに笑った。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!