あぁ、忘れかけてました

3/41
141人が本棚に入れています
本棚に追加
/97ページ
「渉は分かり易いからねぇ。俺、今日1日で渉のこと色々わかった気がするもん」 ニコニコと笑ってそう言うと、渉は観念したかのように手をばたつかせるのをやめた。 「そうだよ。会ってすぐなのに好きになるとかおかしいとは思ってるんだ。でも俺、太郎のことを見た瞬間に『こいつだ』って思っちゃったんだ!」 力強い声でそう言った渉は、本当に玲くんの事が好きになったんだろう。渉は爽やか系が好みだったんだな。 渉が太郎と言う度に俺の腹筋は崩壊しそうになるが、俺は悩んでいた。 .
/97ページ

最初のコメントを投稿しよう!