恋愛

3/18
1970人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「多分、好きになってる……みたいです」 優羽は恥ずかしさを抑えて司さんをしっかり見ながら言った。 「そ…っか…」 司さんはふーっと大きな息を吐いてしばらく下を向いた。 「昨日のキスは……、半分同情かと思ってた」 ポツリと司さんは言った。 「は?」 優羽は変なことを言う司さんをきょとんとした顔で見た。 「俺に触れられるのヤじゃないの?」 「え? 全然、嫌じゃないです。 むしろ……触れて欲しいというか……」 恥ずかしさで語尾がごにょごにょと小さくなってしまった。 はーっと司さんはまた大きな息を吐き、両手を合わせて鼻を挟むポーズをとった。 きっと彼なりの照れ隠しなのだろう。 「なにこれ、なんか、すごい、こしょばいんだけど」 「……うん」 優羽もうなずいたまま下を向いてしまう。 「わっ」 いきなり司さんが優羽の手を引いて抱きしめた。 「男、気持ち悪いんじゃないの? 今、嫌じゃない?」 ――? もしかして過去の男性恐怖症だったことを言ってる? 「い、今は大丈夫です」 司さんの腕の中にいるため若干こもった声で優羽は答えた。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!