〈番外編〉大倉×白川

32/33
2671人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
「そう言いましたけど、もう心が折れそうなんです。 普通に話してもらえなくなったし、目が合っても不自然にそらされるし。 この前なんか他の人に押されて少しぶつかっただけなのに、すごい剣幕で払われるし」 「ぶはっ。 ッゴホ、ゴホッ!」 司さんがむせた。 「……じゃあ、もうあんなのほっといて他の人にも目を向けてみたら?」 私は真剣に言ってるのに、半笑いで言う司さん。 「う~ん……、そうできたら苦労はないんですけど。 ……頑張ってみます」 頑張ってみたところで吹っ切れる自信はさらさらないんだけど。
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!