彼女のことを、想うなら。

38/40
329人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「“今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな”」  ──今となっては、あなたのことを諦めます。  でも、そのことをせめてあなたに会って伝えたい。人づてではなく、私の口から──  佐々木の眉根が、痛々しげに寄せられた。 「……左京大夫道雅ですか」 「さすが、大企業の社長秘書だね。判るんだ」 「……。それだけでいいんですか」 「華緒梨がここにいないのに、それ以上何も出てこない」  佐々木はわずかに目を伏せると、ふうと溜め息をついた。 「……若気の至りで、馬鹿なことをしましたね。何もなければ、私もこんなことを言わなくて済んだんですが」 「いいから、さっさと言ってやってくれ。よーく、説明してな」  投げやりにそう言うと、佐々木はまた何か言いかけて──けれどもそのまま口を噤み、黙って会議室から出て行った。 .
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!