何も知らなかった。

39/40
283人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
 眩暈がしそうになって思わず立花先輩の言葉を止めた。  すると、あたしがひときわ大きく声を上げたせいか、背中からとん、と支えられる。気配で判った。ゆりだ。 「華緒梨?」  心配そうなゆりの声に、あたしはふるふると首を振った。 「立花先輩。最初から、お願いします」 「……マジで判ってない……の?」  意外そうな声が落ちてくる。  どうやら立花先輩は、端的に話すことであたしがふっと何かを悟るのを──もしくは思い出すのを期待していたようだ。  でも、残念ながら彼の言ってることからあたしは何ひとつ掴めなかった。 「参ったな……全部説明するの、超気まずい。友達もいるし」 .
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!