会いたいから。

10/22
262人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
 だとしたら、なんで離れようなどと思ったのだろう。  まったく本末転倒な話だ。  ほとんど吸わなかった煙草と手のひらの上の灰を灰皿に放り込んで、未だ閉めずにいたカーテンをグッと掴む。  何故そんな衝動に駆られたのかは、判らない。  ただ、その瞬間どうしようもなく堪らなくなって、握り締めたカーテンを力いっぱい引き裂いた。  たった一瞬、全身に力を込めてそうしただけなのに、息が切れていた。どうやら自分でも無意識のうちに歯を食いしばり、呼吸を止めていたらしい。  縦に引き裂かれたカーテンの切れ端が、手の中に残っている。衝動のままこんなことをしても、ちっとも気は晴れなかった。  それどころか、ささくれ立った心は更に焦燥を煽った。  これまで何も疑問に感じなかったのに、急に判らなくなった。何故自分がここにこうして立っているのかさえ。 .
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!