18

4/9
413人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ
「うえー、なんだ、この中身?」  にぎり飯のあいだから、白桃のシロップ漬(づ)けがのぞいている。 「すみません、おいしくありませんでしたか。うちでは定番の具なんです」  黒縁(くろぶち)の眼鏡(めがね)をかけた女生徒が顔を赤くして叫んでいた。幸野丸美(こうのまるみ)は小柄(こがら)で、天然パーマで、そばかすが線香花火のように両頬(りょうほほ)に散っている。もうひとつのおにぎりを手渡していった。 「それはわたしがもらいますから、こっちをたべてみてください」 「おお、ありがと。マルミちゃんは優しいな」  ナンパなクニがおにぎりにかぶりついた。 「うわー、なんだ、これ」  再び割ったおにぎりのなかには、よくわからないオレンジ色の具が見える。マルミがあわてていった。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!