第1話

2/40
866人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
通い慣れた稽古場に、長唄が流れる。 傘を持ち、しっとりした音調の中、私は人形のようにただ踊っていた。 そしてここからが見せ場だというその瞬間、先生の声によって唄が止められる。 「やめっ!」 同時に、手をパンパンッと叩いた。 私は躍りを止め、先生へ顔を上げた。 「何度言ったら伝わるのかしら!?そんな躍りでは、お披露目なんてとんでもない!」 …また始まった。 「いいですか!?ただ傘をさしていればいいだけじゃないんです!踊るんです、舞うんです!」 ホント嫌になる。毎回毎回、言われることは決まって同じ。 「お披露目は来月に迫っているというのに…。できるなら椿さんを踊らせてあげたいくらいだわ。昨日の踊り、とても素晴らしくて完璧だったのよ。…あなたとは大違い」 最後は必ず妹と比較されるのだった。 私だって、椿と変われるものなら変わりたい。 長女というこの立場から抜け出られるものなら抜け出たい。 いっそのこと、大河内の名も捨ててしまえるならば…! 腹立つ思いを噛み締め、着替えを済ませた私は勢いよく稽古場から出ていった。 毎週のように、習いたくもない日本舞踊の教室へ通っている私の思いは爆発寸前。 このまま何処か遠くへ行けてしまえたら…、そう強く願うのだけれども。 「柚花様、お疲れさまでした」 私の姿を見つけては、世話役の坂本がすぐに声をかけてきた。 車に乗るようにと自動的にドアを開け、私が乗り込むのを待っている。 その坂本に視線を向けることもせず、流れるままに車の中へ入り、ドスッと深く座り込んだ。 坂本はドアを閉めると運転席へ回り、車を走らせる。 「本日のお稽古は、いかがでしたか?」 その問いかけに、私は返事をしなかった。 「お披露目は、来月でしたね?」 「…うるさい。疲れてるの。黙ってくれない?」 私は窓から見える景色を見つめ、ボソッと呟いた。 坂本はその言葉に微動だにせず、車を走らせる。しばらくして。 「この後は、お華の教室へ向か…」 「疲れてるって言ってるでしょ!?行かない!家に戻りなさい!」 「ですが、お嬢様。そうおっしゃって先週もお休みされています 」 「だから何!?私は疲れたの!いいから帰りなさい!」 そう強く言い放った。 バックミラーで私を確認してくる坂本にも腹が立つ。 まるで私を監視するようなその瞳に、今、どれだけ苦しめられていることか。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!