濡れた体温ごと奪って【4】

大好きだった優しい幼馴染みとの再会だが、何もかもがあの頃とは違っていた

銀月 桜

恋愛 完結 図書券利用
16分 (9,170文字)

373 107

あらすじ

夜な夜な隣りの部屋から 聞こえて来る男女の怪しい声 文句を言おうと部屋へ行くと 部屋から出て来たのは 六年前離れ離れになった 五つ上の幼なじみだった。 六年後の再会では あなたには

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る