真実と嘘

3/13
419人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
「綾子ちゃん…唯ちゃんと何かあった?」 突然、みわさんが心配そうに私を見つめ問う。 「えっ?なんで?…唯が何か言ってたの?」 ドキッと心臓が大きな音を立てた。 「何も言ってないけど…『最近は綾子ちゃんと二人で飲みに来ないね』って私が言った時、唯ちゃんの様子がいつもと違う気がしたから」 「そうなんだ…。別に喧嘩とかじゃ無いんだけど…私がね、唯の信用を失う事しちゃったから。…きっと呆れてるよ」 鼻でふっと笑って見せると、カクテルをコクンと一口大きく飲み込んだ。 ステレオから流れるピアノの音色。 両手で頬杖をつき、カウンターを飾る真っ赤な薔薇の花びらを眺める。 「もう一杯、何か作ろうか?」 慎ちゃんがステレオのボリュームを下げて微笑んだ。 「うん、お願い。ジンベースのがいいな」 「了解」 慎ちゃんは棚からグラスを取り、並べられたリキュールのボトルに視線を移す。 数十分前、 「綾子ちゃんと唯ちゃんだもの大丈夫よ」 その言葉と笑顔を残し、みわさんは自宅に戻った。 しっとりとした時間の流れる空間の中、私はライムをスライスする慎ちゃんの手もとを見つめる。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!