★虹☆

25/25
206人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
美優ちゃんは笑いながら、首筋に触れた。私のキスマークのことを無言で暗示している。 私の弱味を握っているつもりだ。 アランとコンビニで遭遇したパパ。私とアランのことを知れば、パパはきっと半狂乱だね。 もう終わってしまった恋。 …ううん、まだ終わっていない。 私の片思いは… ずっと…ずっと…続くの。 階段を上がり、自分の部屋に入る。カーテンを開けると、空にポッカリと月が浮かんでいた。 「アラン…」 月を見ていると、自然に涙が溢れ頬を伝った。堪えていた気持ちが、溢れ出す。 「アラン…寂しいよ」 私の声は… もうアランには届かない。
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!