□3□

96/99
3220人が本棚に入れています
本棚に追加
/138ページ
  長さが足りないかわりに、舌は硬さや細さを意思をもって変えられる。 普通の人だってそれくらいは出来る。オレだってそうだ。 でも、瑠一のそれはもっと器用だと思う。 「あ、ぅ……んっ、んんっ」 シワを一本ずつ延ばすみたいに細かく動いていたかと思えば、くぷりと入り込んできて、すぼまりを内側からなぞられる。 その度に、瑠一の舌を締め付けて、それが違うモノだったらって、考えてしまった。 肩越しに振り返ると、尻に噛みついてる瑠一と視線が絡む。 「物足りないって顔してるぞ」 「して、ねぇ……っ」 してるかも…… だって、スッゲェ気持ちいいところは もうちょっと奥で、舌なんかじゃ届かない。
/138ページ

最初のコメントを投稿しよう!