奇妙な縁

19/19
237人が本棚に入れています
本棚に追加
/37ページ
   言いながら、必死で我慢していたはずの涙がぽろぽろとこぼれ落ちた。  坂田さんの眉尻が、困ったように下げられる。 「坂田さんはもてるから、慣れてるかも知れないけど……!」 「……」  坂田さんの表情が、だんだん苦いものへと変わっていく。  滲んだ視界の中でも判るくらい。  それにも絶望の影が押し寄せる。  ……あたし自身、この胸に過ぎるものを何ひとつ認めてないのに。  確かな言葉を思い浮かべてすら、いないのに。  終わった、と確信した。その瞬間。 「……ぷっ、あはっ、あはははは……! もうだめだ、ごめん、許して……! はははははっ」  坂田さんは額田先生の机に手をついて、前屈みになる勢いで爆笑し始める。  あたしはといえば、流れ落ちる涙を拭うことも忘れて、笑い転げる彼の姿にすっかり毒気を抜かれてしまった。 .
/37ページ

最初のコメントを投稿しよう!