気になること

26/26
240人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
   ……去年……ああ、そっか……と腑に落ちた。  坂田さんの背が、今ほど高くなかった頃から、名前も知らずにあたしは彼の姿を眺めていた。  彼の背が伸びて、肩も胸板も厚くなってきて、顔も男らしくなってきて……。  去年とか、その前の──たぶん坂田さんが2年生だった年の、冬前くらい。  雰囲気が見る見るうちに変わっていって、男の子の成長ってすごいな、なんて見る度ドキドキしたのを覚えている。  だけど、女の人と付き合ってたからなんだ……と思ったら、急に胸がぎゅっと締め付けられた。誰かの手に掴まれたみたいに、痛くて息苦しい。  ──恋を、していたんだ。あのひとは。  あの柔らかそうな明るい色の髪に、触れても構わない女の人がいたわけで。  あの色素の薄い目で、どんなふうにその女の人を見つめていたんだろう。  考えるだけよけい胸が苦しくなるのに、次から次へと嫌なことばかり考えてしまう。  あたしは自分のその思考から逃げ出すように、走って校舎を出た。 .
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!