おりこうさんな君。

20/20
227人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
   これまで持っていた佐久間のそういうイメージと、今目の前にいるボロ雑巾のように疲れ切った男のイメージがあまりにかけ離れすぎていて、俺はこっそり眉根を寄せる。 「……ないこともないけど……どうしたの。何かあった?」  佐久間はゆっくりと顔を上げて、再び俺の顔を見る。  眼鏡の奥の切れ長の瞳が細められ、口唇は泣くのを我慢しているようにぎゅっと結ばれていた。 「……これ……」  散々迷ってから、佐久間はカバンの側面ポケットから、何かを取り出す。  佐久間の手の中にあるものが街灯に照らされた瞬間、俺は思わずえっと声を上げてしまった。  それはあちこちひび割れて、壊れてしまった携帯電話だった。 .
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!