言って、もっと

19/20
259人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
   ……眩暈がして、まともに立ってられない。  こんなことしていちゃいけない場所で、状況で、というのがものすごく効いてしまった。  すると、仁志くんは少し不満そうにあたしを見つめる。 「その顔のまま、帰らないでよ。休んでからでいいから、シャキッとしてくれる」 「え……」 「エッチな顔になってるから、まずいよってこと。……まあ、俺が悪いんだけど」  顔に火が点いたんじゃないかと思った。  仁志くんは苦笑しながら、あたしの頭をぐりぐりと撫でる。 「ちょっとは判ってきたかな、俺の考えてること」 「……はい……」 「よろしい。あ、そうだ……昨日お兄さんに言ったこと、嘘じゃないから。行ってもいいのか、聞いておいて」 「え?」 「改めて挨拶に行くって言っただろ? お兄さんか……できたら、お母さんに」  何だか恥ずかしそうにそう言った仁志くんを、ポカンと見つめる。 「え、ホント、に?」 「うん。いきなりお父さんっていうのはハードル高いから、とりあえずお母さんに……でも、陽香のおうちの人がそうしろって言うならそうする、けど」 「え……ええー……ど、どうしよう……」 .
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!