I went to the Royal Palace, it's so become Emperor

7/33
2786人が本棚に入れています
本棚に追加
/318ページ
雷帝「ちょっと!!二人ともやめなさい!!ここは王宮よ!!なに戦ってんのよ!!」 雷帝がなにやら喚いているが、二人ともその言葉を無視して睨み付ける 炎帝「言っておくが…………俺は売られた喧嘩を買うタイプなんでな…………遠慮なく行かせてもらうぜ。くそったれ」 風帝「…………ならば俺も全力で対処するのみだ…………覚悟しろ!!」 ゴオォォオォォォオォ!! 風帝は腕を払うと轟風と共に幾つもの手裏剣が放たれる 炎帝「そりゃこっちのセリフだぜ!!」 炎帝は大剣を担ぎ、飛来してくる手裏剣を避けながら一気に間合いを積める 風帝「凪ぎ往け【風刃レヴィア】」 その瞬間、風帝の手の甲から巨大な手裏剣が出現し、高速回転し始める 炎帝「燃え叫びな!!【爆剣イフリート】!!」 炎帝は担いでた大剣に力を込めると蒸気が爆発し、炎に包まれる 炎帝・風帝「「うおぉおおぉおおぉおおおぉぉぉお!!!」」 そして、二人の刃が重なる瞬間………… ?「はいはーい♪そこまで♪」 炎帝・風帝「「!?」」 ガキィン!! 二人の刃の間から【桜色のナイフ】が割り込み、受け止めた 炎帝「チィ…………」 またしても二人とも後ろに下がって間合いを取る ?「ったく、おめぇら…………喧嘩すんのはいいけどよ…………場所を考えやがれよ。ここは王宮だぜ」 ?「ふぉふぉふぉ、まぁよかろうよ。若者はこうでなくてはのぅ」 更に奥から三人の人影が現れる まず、先に止めた女性 ピンクの長髪にピンクのコート、そして龍の形をした仮面を付けている 続いて男性 紫色の髪に紫色のコート、そして虎の形をした仮面を付けている 続いて老人 白く薄い髪に長い白い髭、黒緑のコートを羽織り、亀の形をした仮面を付けている 最後に青年 金の長髪に金のコート、そして龍玉を埋め込まれた金の龍の形をした仮面を付けている ちなみにだが、朱皇は鳥のような仮面を付けている あれが現に言う【皇】だろうか?
/318ページ

最初のコメントを投稿しよう!