番外編 ~大樹の甘酸っぱい高校生日記~

1/37
1596人が本棚に入れています
本棚に追加
/37

番外編 ~大樹の甘酸っぱい高校生日記~

. あれは確か……高校に、入学した日のことだった。 「第二中学から来ました、会津紗智です。特技は……」 入学式の後にある、恒例の行事みたいなもの。 俺の前を座る彼女は、緊張する雰囲気もなく、堂々と自己紹介をする。 「特技は…あっ!!アヒルダンスです!!」 「!?」 アヒルダンスって……何? それって、特技になるわけ? 彼女が自信満々に言い放つ台詞に、クラス中が爆笑の渦に巻き込まれる。 当の本人は、その笑いの理由に気がついていない。 少しはにかみながら、にこりと笑顔を見せる。 それから更に12年後… こんな彼女と俺が、まさか結婚するだなんて 誰が予期できただろうか? .
/37

最初のコメントを投稿しよう!