◇ #2

1/35
1429人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

◇ #2

龍郎は落ち着いていて、探知機の操作をユンファにゆっくり丁寧に教えると、 「何かあったらいつでも呼んで下さい」 そう言うと 玄関入り口に立っていた穂積ちゃんに寄り添うと、耳打ちして何かを伝えて 「じゃ」 と、軽やかに去っていった 「……」 頭に血がのぼってる僕 「じゃ、戻ろうぜ」 ユンファがそう言っても、イチミリだって微動だにしない僕 「ソンミン?」 「先に行ってて。後からすぐに戻るから」 何だか棒読みみたいに言葉に感情がなくなった 「あー、うん」 イクちゃんとユンファは顔を見合わせると、探知機を弄りながら二人でキャッキャと去っていった 残されたのは、怒れる僕と 微妙な顔をした穂積ちゃん、だけだ(当たり前)
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!